胸の悩みはクーパー靭帯が多いですが、それ以外にも生活習慣などが関係していることもあるので、ここでどういった生活習慣が胸に対してトラブルを引き起こしているのかご紹介させていいただきます。

 

「夜更かしなどほ寝不足」

寝不足は胸にとって致命的です。

なぜなら、寝ている間に女性ホルモンが分泌されて胸の発達に大きく影響を与えるためであり、それ以外にも疲労回復や栄養の運搬などが行われているので、寝不足は解決しておかなければいけない要素であります。

 

「猫背などの姿勢」

猫背など体の姿勢が悪い場合は、血流が悪くなるだけでなく脳の働きや骨にまで影響を与えます。

胸にとてっても大きな影響を及ぼすとされており、胸に必要な栄養素などが血流が悪いと運ばれにくくなるので要注意が必要です。

 

「サイズの合っていないブラジャー」

サイズが合っていないけどいいやと言って着用し続けているブラジャーがあれば要注意です。

サイズが合っていないと胸を圧迫することがあるので、血流が悪くなり栄養が胸に運ばれにくくなるだけではなく女性ホルモンも運ばれにくくなるので、ご自身の胸にあったサイズのブラジャーを着用する必要があります。

 

「就寝中ノーブラ」

寝ている間は苦しいからと言ってブラジャーをしないのは胸のクーパー靭帯を傷める要因になるので避ける必要があります。

クーパー靭帯は一度伸びると元には戻らず、手術で元に戻すこともできますが、おおよそ100万円程度の施術費がかかるので、何かしらの対策をする方が安価だというのは考える間でもありません。

24時間ノーブラでいるのは一番胸にとっては良くありませんので、なるだけ24時間育乳ブラを着用することをおすすめ致します。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です